あきらめないで!障害年金

障害年金の基礎知識ページはご覧頂けましたでしょうか?

ご覧頂けた方は障害年金が障害を持つ多くの方がもらえる可能性がある年金だということがおわかりになったかと思います。

ここで、障害年金を本当にもらえないのか、確認しましょう。

1.年齢が過ぎている、達していないけど…

  • 65歳を過ぎていても支給される場合があります。
  • 20歳未満でも20歳から支給される場合があります。第三者の証明が必要になることもあります。

2.年金保険料を滞納しているけど…

  • 直近1年間でみることもできます。生活が困難な場合には保険料免除申請しておくことをお勧めします。

3.初診医療機関がわからないけど…

  • 医療費のお知らせの再発行や診察券で調べることができます。

4.こんな病気で支給されるの?

  • 様々な病気で支給されます。病名が不明であっても生活に困難な状態であれば支給される場合があります。(例えば、下痢が慢性となっていても)

もし、このチェックを受けて、「自分も、もらえそう・・・」と思われた方は1度専門家の無料相談を受けることをお勧めします。

無料相談では申請のポイントを指摘したり、より正確な受給判定が行えます。